FXの通貨ペアとは?選び方のコツとおすすめのペアを紹介!

こんにちは!大学生FXトレーダーの学です。

今回のトピックは「FXの通貨ペア」です。
「FXの通貨ペアって聞いたことあるけど、実際何のことか分からない。」という方もいますよね。

特に初心者やFX勉強中の方は、取引を始める前に、この通貨ペアの意味や、どのように通過ペアを選ぶかを理解しておきましょう。
FXで勝つためには、通貨ペア選びがとても大事になります。

この記事にはFXの通貨ペアとは何か?
そして通貨ペアの選び方について解説していますので是非ご覧ください。

2国の通貨の組み合わせ!左右にも意味がある!

早速ですがFXの通貨ペアとは何のことか説明します。

FXの通貨ペアの意味は文字通り、ある2カ国の通貨の組み合わせ(ペア)ことを表します。

例えば、「ドル/円」という言葉を聞いたことはありませんか?

これはアメリカのドルと日本の円の通貨ペアのことを言います。

ユーロとアメリカドルだと「ユーロ/ドル」、ユーロと円だと「ユーロ/円」、このように国の数だけ通貨ペアが存在します。単純ですよね(笑)

通貨ペアについて説明したところで、この通貨ペアの少し難しい知識を説明します。

実は、「ドル/円」のように、左にくる通貨(ドル)と、右にくる通貨(円)にはちゃんと意味あります。

左側の通貨のことを「主軸通貨」といい、取引のメインになる通貨のことを表します。
そして、右側の通貨を「決済通貨」といい、左側(主軸通貨)で取引したものを右側で決済するので決済通貨と言われています。

例えば「ドル/円」の場合、ドルが主軸通貨になり円が決済通貨になります。
なので、この通貨ペアを買いでトレードしたら「ドルで買って、利益がでたので円で利確の決済をする」もしくは「ドルで買ったけど、損をだしすぎたので円で損切りの決済をする」ことになります。

だいたいこの主軸通貨と決済通貨は、力があり安定していて流通量が多い通貨が主軸通貨になります。
ちなみに今の経済の中心はアメリカですが、昔はヨーロッパが中心だったので今でも「ユーロ/ドル」のようにユーロが主軸通貨になっています。

初心者の方におすすめの選び方

さて通貨ペアについて解説したところで、次にFXトレードでどのように通貨ペアを選べばいいのかを説明しましょう。

「通貨ペアなんてなんでもいいでしょ」と思っている方はいますか?
しかし、そんなことはありません!

実は、通貨ペアは選ぶものによって情報量、市場の動きやトレーダーの人数が全く違います。
そこで、初心者に向かない通貨ペアはどういったものか、まず説明します。

①マイナーな通貨ペア
トレードをする時、流通量が少なく経済力がないマイナーな通貨ペアを選んだ場合、トレーダーの人数も少ないのでもちろん市場が動くことはありません。
市場が動かないと損も生まれませんが、利益も生まれないのでトレードをする意味はなく、ただ時間を無駄にするだけです。

②情報量が少ない通貨ペア
FXトレードをする際、経済に関する情報は必須なのは当たり前ですよね。
FX市場は会社の倒産や政権交代、自然災害などあらゆる情報ですぐに動きが変わります。

そんな時、通貨に経済力や流通量があっても、ニュースや新聞で取引する通貨ペアの国の情報を得ることができなかったら、トレンドを見分けることや、急な経済に関する情報を得ることは難しく、市場の動きに着いていくことはできません。

なので情報量が少ない通貨ペアは選ばずなるべく自分に身近な通貨ペアを選びましょう。

さて、最後にオススメの通貨ペアをいくつかあげましょう。
やはり私達は日本人ですので、情報量や流通量も多い「日本円」が含まれた通貨ペアでトレードをすることをオススメします。

では、日本円のペアになる相方はどの通貨がいいのかというと、僕は「アメリカドル」もしくは「ユーロ」をオススメします。
理由は、どちらの通貨も経済力、情報量、流通量全てを持っているからです。

なので、私がオススメする通貨ペアは「ドル/円」もしくは「ユーロ/円」になります。
どちらの通貨もFXでは定番の「通貨ペア」ではありますが、やはり背伸びをせずにみんながトレードをしている通貨ペアを選ぶことをオススメします。

まとめ

まとめとしてFXの通貨ペアは2カ国の通貨の組み合わせのことを言い、ドル円のように左側にある通貨(ドル)を主軸通貨、右側の通貨(円)を決済通貨という。

通貨ペアを選ぶ際は流通量、情報量、経済力を基準にして選ぶと良い。オススメとしてはドル円もしくはユーロ円。

FXの通貨ペアについて理解してもらえたでしょうか。

他にもトレードの仕方や種類も記事にしているので是非読んでもらえると嬉しいです!
ここまでご愛読ありがとうございました。

ではまた!

トップページへ戻る

未分類
大学生がFXで10万円を100万円に変えるブログ
タイトルとURLをコピーしました