FXの注文方法の種類と特徴を解説!基本を習得して取引効率アップ

こんにちは大学生FXトレーダーの学です!

今回はFXの注文方法の種類と特徴を解説していきます。
FXの注文方法に種類ってあるの?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

FXの損切りと利確(利益確定)についてはご存知ですよね。
ご存知ないという方は是非私の過去の記事をご覧ください。そして実はトレードをする際FXには

様々な注文方法があり、それを駆使することで、損切りと利確や取引ラインを設定することができます。

そして、その注文方法でもより使われるのが下記の6つになります。

・成行注文
・指値注文
・逆指値注文
・IFD注文
・OCO注文
・IFO注文

今回はこの6つの注文方法を解説していきましょう!

FXの基本の注文方法は「成行注文」

まず最初にFXの基本の注文「成行注文」について説明します。

これは何も設定せずにレートを見ながら自分が買いたいもしくは売りたい方にトレードをする方法です。簡単に言うと単純に買い売りボタンを押してただトレードをすることです。

注文方法は実に単純で取引画面で自分がトレードしたい時に「買い」もしくは「売り」ボタンを押すだけです。

価格を指定する「指値注文」

次にFXで利益を確定する価格を指定する「指値注文」について解説します。

この指値注文とは自分が利益を確定したい価格を設定すると、コンピュータが勝手に設定した価格に達すると利益を確定してくれるという注文です。

注文方法も単純で指値注文画面から自分の利確したいところを設定するだけです。

損切り利確の「逆指値注文」

続いて、指値注文とは逆に損切りラインを設定する時に使う「逆指値注文」についてです。
これは先程説明した指値注文とは反対に、自分がトレードした値よりマイナスに動いてしまった時に損切りするためのラインを設定でき、コンピュータが勝手に損切りしてくれます。

指値注文=利確を設定
逆指値注文=損切りを設定

といった感じで覚えると単純でわかりやすいですね。
注文方法は逆指値注文画面から損切りしたいラインを設定するだけです。

2つの注文を同時にできる「IFD注文」

続いて未来のレートを予測して注文する「IFD注文」についてです。

これは自分が取引開始したいと思うラインを設定し、尚且つそこから指値もしくは逆指値を設定できるという方法です。
「現在のレートが100円だけど、もし99円になったらトレード開始して、そこからもし101円になったら利確したい」といった感じの時に使えます。
分かりにくいですよね(笑)

例えば、現在のFXレートが100円で99円になったら買い注文を入れ、さらに101円で利確したい場合、99円のラインで買い注文を設定でき、尚且つ101円のラインで利確を設定できます。

その後レートが99円まで達した場合、コンピュータが勝手に99円のラインで買い注文を入れてくれ、101円に達した時勝手に利確をしてくれます。

逆に注文ラインを設定して、そのラインと反対に動いてしまった場合のために、逆指値を設定することもできるので忙しい方には便利なトレード方法ですね。

注文方法はIFD注文画面から最初に注文ラインを設定して、その後に利確もしくは損切りラインを設定します。

片方成立したら片方キャンセルできる「OCO注文」

5つ目は、指値と逆指値注文の合体!
利確ラインと損切りラインの両方を設定できる「OCO注文」についてです。

この注文方法は私がFXトレードをする際に最もよく使う注文方法でとても分かりやすく便利です。

なぜなら、これ1つで指値と逆指値注文ができるわけですから!

特徴としてはやはり、他の注文方法とは違い利確ラインと損切りの両方を設定できます。

この両方を設定することで自分は全くレートを見ていなくても、勝手に利確と損切りをしてくれるので、特に日中忙しいデイトレーダーの方には本当にオススメします!

注文方法はポジションを持つ際、もしくは持っているポジションの取引画面のOCO注文画面から最初に利確ライン、次に損切りラインを設定するだけです。

IFD注文とOCO注文を組み合わせた「IFO注文」

最後にFX最強の注文方法、IFD注文とOCO注文を組み合わせた「IFO注文」についてです。
これは単純に先程説明したIFO注文とOCO注文を組み合わせたもので、自分が取引開始したいラインを設定し、さらに利確と損切りラインを設定できる注文方法です。

例えば、今のレートが1ドル100円で取引開始したいライン99円の場合、まずIFD注文と同様に取引開始ラインを99円に設定できます。その後、IFO注文とは違い利確と損切りラインの両方を設定することができます。

注文方法はIFO注文画面から最初に取引開始ラインを設定し、利確、損切りラインの順に設定するだけです。

実際IFO注文があるならIFD注文を使う意味は全くないですね(笑)

まとめ

まとめとして、FXには様々な注文方法があり基本となるのが、成行注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文の6つ。
この6つは、最初に必ず抑えておきましょう。

「成行注文」とは基本のトレードで単純に買いもしくは売り注文をするだけ。

そして「指値注文」は利確ラインを設定する方法で、「逆指値」とは反対に損切りラインを設定する方法。

「IFD注文」は未来のレートを予測して取引開始ラインを設定し、その後の利確もしくは損切りラインを設定できる。

「OCO注文」は、指値と逆指値注文を組み合わせたトレード方法で、取引開始する時もしくは、持っているポジションの利確と損切りラインを設定できる。

最後に「IFO注文」は、IFD注文とOCO注文を組み合わせた最強のトレード方法で、取引開始ラインとその後の利確と損切りラインを設定できる。

結論として、OCO注文もしくはIFO注文の2つがあればいい!(笑)

今回はこんなところです。FXの注文の種類と方法について理解してもらえたでしょうか。
理解してもらえたという方は、是非私の他の記事も読んでもらえると嬉しいです!

ではまた!

他の記事もチェック!

未分類
大学生がFXで10万円を100万円に変えるブログ
タイトルとURLをコピーしました