FX取引のロット(Lot)とは?初心者の必須知識を身につけよう!

こんにちは!大学生FXトレーダーの学です。
今回はFX取引の必須知識!ロット(Lot)について解説しています。

FXを始めたばかりの初心者の方のなかには、そもそもLotってなに?聞いたこともないよという方もいると思います。

そんな方にも理解してもらえるように、Lotの意味からFXでどのように使われているかも説明していますので、是非最後までご覧ください。

ロット(Lot)とは?

では早速Lotとはどう意味かを説明しましょう。

Lot(ロット)とはFXで取引する際の通貨量を表します。
Lot=個or枚と覚えると簡単ではないでしょうか。

そして、FX会社の最低取引単位によって1Lotに違いがあります。

最低取引単位が1,000通貨の会社は1Lot=1,000通貨。
最低取引単位が10,000通貨の会社は1Lot=10,000通貨

上記のようにになります。

最低証拠金や値幅の動きも変わってくる!

最低取引単位やLot数によって必要最低証拠金の額が変わりますので注意してください。

例えば、取引単位が1Lot=10,000通貨の会社の最低証拠金が50,000円の場合、
1000通貨から取引できる会社の1Lotの必要最低証拠金は5,000円になるので少額からの取引が可能になります。

ここで2つの通貨ペアを比較して、もう少し分かりやすくします。

通貨ペア 1,000通貨の場合の
必要最低証拠金(レバレッジ25倍)
10,000通貨の場合の
必要最低証拠金(レバレッジ25倍)
ドル/円(1ドル=110円) 4,478円 44,780円
ユーロ/円(1ユーロ=125円) 4,998円 49,980円

さらに必要証拠金はLot数によっても変化します。
上記は1Lot辺りの証拠金額ですが、100Lot取引する場合証拠金額も100倍されます。

1Lot=10000通貨、ドル円の証拠金額44780円、100Lot取引した場合、
44780円×100Lot=証拠金額447800円になります。

まとめ

まとめとしてLot(ロット)とはFXで取引する際の通貨量を表し、Lot=個or枚と覚えると簡単になります。

通貨単位によってLotの単位も変わり、1000通貨の場合1Lot=1,000通貨。10,000通貨の場合1Lot=10,000通貨になる。
そして通貨単位やLot数が変わることによって、証拠金額も変わる。

FXのLotについて理解してもらえたでしょうか。
他にも証拠金や取引の仕方についての記事も書いていますので是非読んでもらえると嬉しいです!

最後までご愛読ありがとうございました。
ではまた!

トップページへ戻る

未分類
大学生がFXで10万円を100万円に変えるブログ
タイトルとURLをコピーしました