FXの損切りとは?トレーダーが重要視する理由とルールの決め方

こんにちは、現役大学生トレーダーの学です。
このページではFXの損切りとは?その重要性とルールの決め方を解説 について詳しく説明していきます。

この損切りはFXでトレードをしていく上でとても重要なもので、初心者の方には是非読んでもらいたい記事です。

損切りとは損失を限定するテクニック

そもそも損切りってなに?という方もいますよね。

損切りとは損失を限定するテクニックで、これ以上損を多くしないために自分で見切りをつけて損失額を確定してしまうことです。

簡単に言うと、損しているけどこれ以上損を多くしないために早めに売ってしまうことを言います。

この損切りという行為はFXをやっていく上で最も重要なものの1つで、FXトレーダーなら絶対に必要とするテクニックです。

一方で、初心者の方は損切りという行為の重要性を軽視しており、「いつかプラスになるからまだ売らなくていい」というとても甘くて、危険な考えを持っています。

FXトレーダーが重視する理由とは

では、なぜそのような考えは危険で、FXトレーダーが重視する理由かも説明します。

FXにトレンドというものがあり、1度円高に向かえば長期間その方向に進み続けるという流れが多々あるからです。

そんな時に「いつかプラスになるからまだ売らなくていい」という考えをしていたら、、、どうなるか分かりますよね。

実際に僕も初心者の頃は損切りをしてなく、どんどん損は増えていき、最終的には強制ロスカットされる寸前までいきました。

もちろん、バイトで貯めたお金はほとんどなくなり、生活も苦しくなりました。
そうならないためにも、皆さんがトレードをする際は絶対に損切りをしてください。

ルールの徹底が大事!タイミングの決め方

そしてこのFXでは損切りのルールの徹底が大事!タイミングの決め方も説明します。
先程も説明したようにFXでは損切りがとても重要です。

ただ、いきなり損切りしろと言われてもどのタイミングですればいいの?と疑問になりますよね。

そこで参考程度ですが、僕の損切りするラインを説明します。

このラインは参考程度に見てもらって結構で、自分にあった損切りラインをトレードをしながら見つけてください。

僕の場合はデイトレードですので、10銭(0.1円)マイナスになったら損切りしています。
もっと短期でやる方は、1銭~5銭(0.01円~0.05円)。
長期の場合は1円〜多くて2円ぐらいで考えてください。

このように自分の中で、「いくらマイナスになったら損切りする」という、ルールを決めてください。

このルールは絶対に変えないでくださいね。「もう少し待ったらプラスになるんじゃない?」という考えはぐっと堪えて損切りしてください。

逆指値注文なら確実に決済できる!

ただ、時間がなくずっとFXを見てられなく、損切りができない!という方もいますよね。
そんな方には、逆指値注文というものがあります。

これは、自分で損切りするラインを設定して実際にそのラインまで価値が落ちてしまった場合、この注文を入れていたらコンピュータがオートマティックで損切りしてくれるというものです。

この逆で、指値注文といものもあり、これは設定したラインまで価値が上がれば利益をコンピュータが確定してくれます。

さらに、便利な注文方法がOCO注文というもので、これは指値と逆指値どちらも設定でき、どちらかのラインまで達した場合コンピュータが利確もしくは損切りしてくれます。

僕はどちらも設定できるOCO注文をおすすめします!

まとめ

まとめとして、FX 損切りはトレードをしていく上で最も重要!
そしてその損切りをするラインを決めることも同じくらい重要で、絶対にルールを曲げないでくださいね!

さらに、時間がなくて損切りできないよー!っていう方も逆指値注文という方法を使えばいつでも損切りできる。

これらのことを頭に入れてトレードすれば 、損切りの重要性も自分で気付くことができてくると思います。

この記事を読んでFX 損切りについて少しでも詳しくもらえた方は是非、自分の周りの「FXこれから始めようかな」という方にも説明してあげてください。

そして「どこでそんなに勉強したの?」と尋ねられたらこのブログを勧めてくださいね(笑)

トップページへ戻る

未分類
大学生がFXで10万円を100万円に変えるブログ
タイトルとURLをコピーしました