FXの経済指標とは?チェックすべき指標と見方について解説

こんにちは!大学生FXトレーダーの学です。
今回はファンダメンタルズ分析の基本!経済指標について解説します。

ファンダメンタルズ分析とは為替チャートを使わずに経済に関するあらゆる情報で取引する分析方法のことを言います。
詳しくは僕のファンダメンタルズ分析の記事に書いてあるので、是非こちらも読んでみてください!

さて、ファンダメンタルズ分析をする際トレーダーの方は何を基準に分析するか分かりますか?
もちろん、経済の状態やニュースも大事ですが、最も影響するのが経済指標です!

この記事ではファンダメンタルズ分析に必須の経済指標とは何かを説明していきます。

FXの経済指標とは

FXの経済指標とは、各国の公的機関などが発表する経済状況を構成する要因を数値化したものです!
と言われても分かりづらいですよね(笑)

簡単に言うと経済指標とは「政府が発表する経済に関する情報を数値化したもの」です。

経済指標と言っても様々な種類の経済指標があります。
代表的なものでいうと、

①雇用統計/失業率
-雇用についての経済指標
②GDP/小売売上高
-景気についての経済指標
③政策金利
-金利についての経済指標
④物価指数/上昇率
-物価についての経済指標
⑤貿易収支/赤字
-貿易についての経済指標

などがあり、全てFX市場に影響を与えます。
さらにこの中でも重要な指標があるのでご紹介します。

特に「米国雇用統計」は重要

先程述べた経済指標でもアメリカの雇用統計は最重要になります。
これは、現在の世界の経済の中心がアメリカだからと言えるでしょう。

そしてファンダメンタルズ分析をやる上で1ヶ月に1度最も重要な日があります。
この日はアメリカの雇用統計(非農業部門雇用者数と失業率)が発表されるからです。

発表された直後のFX市場はお祭り騒ぎで、チャートは荒れに荒れます(笑)
では、このアメリカの雇用統計はいつ発表されるの?と思いますよね。

ズバリ、FXのお祭りの日は「月の第1金曜日の日本時間21:30です!!」

この日は、ファンダメンタルズ分析する方は外出せずに家でFX市場を見守るのがいいかと思います。

かと言って雇用統計だけが大事ではなく、政策金利や景気に関する経済指標も最重要指標の1つなので、見逃さないようにしてください。

ただ全ての国の経済指標を見るのはできないですよね(笑)

なので経済の中心であるアメリカの経済指標を中心に見ることをオススメします。

1つの国に絞れば楽ですよね。

ちなみにこの経済指標は、各FX会社毎にカレンダーもしくは、翌日の経済指標のスケジュールを載せていると思いますので、確認してみてください。

経済指標は予測と結果の差で決まる!

では実際にファンダメンタルズ分析を経済指標でする際、何を気をつけて見ればいいかを解説します。
ほとんどの指標は3つの数値が発表されます。

①前回の数値
②予想数値
③結果

①と②は事前に発表されていて、時間になった時に結果が発表されます。
そして結果が発表された時、「予想と結果の差が大きいほど影響を与えます!」

例えば、アメリカの失業率の予想が5%で結果が10%だった場合。
失業者が予想より2倍も多いことになるので、ドル円の場合は一気にドルが売られるので円高の流れになります。

経済指標の予想と結果が大きければ大きいほどFX市場の流れは一気に変わるので、重要な指標はしっかりと確認しときましょう。

まとめ

まとめとして、経済指標とは政府が発表される経済に関する情報を数値化したもので、予想と結果が大きければ大きいほどFX市場に与える影響は大きい。

さらにアメリカの雇用統計は経済指標の中で最重要指標であり、月の第1金曜日21:30に発表されるので見逃さないように!

ファンダメンタルズ分析をやる上で欠かせない経済指標について理解してもらえたでしょうか。

他にもテクニカル分析についての記事やファンダメンタルズ分析についても書いていますので是非ご覧になってもらえると嬉しいです!

最後までご愛読ありがとうございました。
ではまた!

他の記事もチェック!

未分類
大学生がFXで10万円を100万円に変えるブログ
タイトルとURLをコピーしました