FXの時間足とは

こんにちは!大学生FXトレーダーの学です。

今回はFXトレードでテクニカル分析をする際に必須の「時間足」について解説します。

まだ初心者の方は「時間足がたくさんありすぎてどれを見ればいいのか分からない。」と思う方や、そもそも「時間足って何?」と疑問を持っている方も多いと思います。

今回はそんな方のために「時間足」とは何か。
またトレードスタイルによってのオススメの時間足もご紹介しますので是非最後までご覧ください!!

時間足とは?

FXでの時間足とは、通貨の値動きを時間でグラフ化したものです。

一般的にロウソク足で描かれており、1分、5分、1時間、1日、1週間など様々な時間で区切られています。

上記はドル円の5分で区切られた時間足(5分足)になります。

また1本のローソクで5分間のドル円の値動きを表しています。

1時間足だとローソク1本で1時間の値動き。
1日足=ローソク1本で1日の値動き
1週間足=ローソク1本で1週間の値動き

トレードスタイルにあった時間足

FXをテクニカル分析でトレードしている方は特にこの時間足を気にすると思います。

また、スキャルピング、デイトレード、長期トレードのようなトレードスタイルによって見る時間足も変わってきますよね。

そうなると沢山ある時間足のどれを見ればいいのか迷ってしまいますね。

そこで私の見解でトレードスタイルによってどの時間足がオススメかご紹介します!

①スキャルピングトレード

スキャルピングトレードとは数分間でトレードするスタイルです。

数分でポジション決済をするスキャルピングトレードでは、「1分足、5分足」がオススメです!

②デイトレード

デイトレードとは1日で全てのポジションを決済するスタイルです。

平均的なポジション保持時間は数分〜数時間。

オススメの時間足は「5分足、1時間足、4時間足」。

また1日のトレンドを見極めるのも重要なため、1日足で確認することもオススメします。

③長期トレード

長期トレードとは数時間〜数日間または何週間もポジションを保持するトレードスタイルです。

何日間にもかけてトレードするこのスタイルは「1時間足、4時間足、1日足」を見ることをお勧めします。

やはり長期トレードは長い間ポジション保持するため5分足30分足などの分足はあまり見ずに時間足や日足を見ることが多いです。

また経済情報や指標による影響を多く受ける為、こまめに経済情報をチェックして臨機応変な対応も重要になります。

まとめ

FXの時間足とは、通貨の値動きを時間でグラフ化したもの。

一般的にロウソク足で描かれており、1分、5分、1時間、1日、1週間など様々な時間で区切られている。

またトレードスタイルによって見る時間足も変わってくる。

スキャルピングは1分足や5分足など分足が重要。

デイトレードは5分足1時間足などの分足と時間足が重要。

長期トレードは1時間足1日足などの時間足と日足が重要。

私もFXトレードを始めた時はどの時間足を見れば良いのか分かりませんでした。

しかし何度もトレードしていくうちに自分に合った時間足も見つけられるようになっていきました。

皆さんも私のは参考程度に考えていただいて、トレードして自分の時間足を見つけてみるのも良いと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました!

他にもFXについて情報記事を書いていますので読んでもらえると嬉しいです。

ではまた!

記事
大学生がFXで10万円を100万円に変えるブログ
タイトルとURLをコピーしました