FXのニューヨーク時間とは

こんにちは!大学生FXトレーダーの学です。

今回はFXの時間帯の1つ「ニューヨーク時間」について紹介していきます。

ニューヨーク時間は最もトレーダーの数も多く、また重要な指標なども多いため他の時間帯と全く異なる動きをすることがあります。

そんなニューヨーク時間の特徴や時間帯などを解説していますので是非最後までご覧ください。

また前回の記事で「東京時間」についても説明していますので、その記事と合わせて読んでもらえるとそれぞれの特徴などがより分かりやすくなると思います!

ニューヨーク時間の時間帯

ニューヨーク時間の時間帯はだいたい日本時間の「22時30〜翌早朝6時」と言われています。

ちなみに東京時間もニューヨーク時間も明確に「何時から何時まで!」と決められているわけではないので、他の方のブログやサイトでは「22時〜翌早朝5時まで」と紹介されていたりします。

どちらも間違っているわけではないのでご安心ください。
だいたいこのくらいの時間からニューヨーク時間というのを覚えてください!

そして、このニューヨーク時間はトレーダーの数も多くFXのゴールデンタイムになっていて、最も重要な時間帯になっています。

ニューヨーク時間の特徴

①重要な経済指標の発表
ニューヨーク時間がオープンした前後は重要な経済指標の発表が多く、非常に不安定かつ大きな動きを見せることが多いです。

②トレンドの形成と転換
雇用統計、景気数値などの重要な経済指標の結果はFXチャートにとても関わってきます。
発表直後は両極端な動きを見せますが、その後は新たなトレンドを形成することが多いです。

③相場が活発的になる
ニューヨーク時間がオープンしてから2時間くらいはロンドン時間と被り、トレード参加者の人数も多いので活発的な動きを見せます。

➃要人発言
政治に関わる重要な発言が多く、またそれらの中には突然発せられるものもあるので要注意です。
特にトランプ大統領のツイートは前もった情報が無いので、トレーダーにとっては非常に脅威になります。

ニューヨーク時間の立ち回り

・オープン〜25時前後まで
指標発表直後は非常に不安定な動きを見せるので避けるのが安全。
その後はトレンド形成の流れを見せることが多いので、結果を見て「順張り」

・25時〜クローズまで
この時間になるとFX相場は落ち着いてきてレンジ相場になることも多いです。
順張りで少ない利益を狙うのが安全。

まとめ

ニューヨーク時間は日本時間の「22時30〜翌早朝6時」

重要な経済指標の発表、要人発言があり結果によっては新たなトレンドを形成する。
またオープンしてからの数時間はロンドン時間と被るので、トレーダーの数も多くFXチャートは活発的になる。

また「逆張り」をするより「順張り」トレードをする方が良い。

ニューヨーク時間はトレンドの転換期でも形成期でもあるので「ハイリスク/ハイリターン」の相場です。

私は学生ですので、なるべくリスクは避けたいのでニューヨーク時間でのトレードはほとんどしないです。

ただ、大金を狙いたい方や資金に余裕がある方にはオススメの相場になっているので一度トレードをしてみてはどうでしょうか!

最後までご覧いただきありがとうございました。

他にも私のトレード日記やトレードの仕方なども書いていますので読んでもらえると嬉しいです😊

ではまた!

トップページへ戻る

未分類
大学生がFXで10万円を100万円に変えるブログ
タイトルとURLをコピーしました