FXの夏時間と冬時間とは

こんにちは!大学生FXトレーダーの学です。

今回はFXの「夏時間と冬時間」について解説します。

「FXって夏と冬で何か変わるの!?」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。
私もFXトレードを始めた際は違いがあることに全く知りませんでした。

この記事では「夏時間と冬時間」の違いと、気をつけた方が良いことなどをご紹介していますので是非最後までご覧いただけると嬉しいです!

夏時間と冬時間の違いは?

日本には4つの季節があるように、FXにも夏と冬の2つの季節があります。
FXでは主に夏の期間が大半を占めており、冬時間は4ヶ月程度となっています。

夏時間:3月第2日曜日〜11月第1日曜日
冬時間:11月第1日曜日〜3月第2日曜日

この夏時間はサマータイムとも呼ばれており、トレーダーの数が多い欧米の方の夏期間を基準にしていると言われています。

さらにこの夏時間と冬時間では東京、ロンドン、ニューヨーク市場などのオープンとクローズ時間も異なります。

私が使用しているDMM FX社では以下のように市場の時間が変わります。

東京市場
夏時間:午前9時〜午後17時
冬時間:午前9時〜午後17時

欧州市場
夏時間:午後16時〜午前24時
冬時間:午後17時〜午前25時

ニューヨーク市場
夏時間:午後22時30分〜午前6時
冬時間:午後23時30分〜午前7時

このように東京市場では変わりはないですが、欧州市場とニューヨーク市場ではそれぞれ1時間のズレが生じます。

注意すべき点

では夏時間と冬時間に取引時間が変わることでトレードにはどのような影響が起きるのでしょうか。

それはトレードのタイミングです。
基本的に市場がオープンするタイミングはFX市場の流れは活発になります。夏時間と冬時間のオープン時間が1時間ずれると、トレードが活発的になる時間も1時間ずれてしまいます。そうなるとポジションを保有するタイミングを失ってしまう可能性があるのです。

また夏時間と冬時間が転換する期間は相場が乱れることが多く、トレードを避けた方が良い場合があるので注意が必要です。

まとめ

FXでの夏の期間と冬の期間は以下の通り。
夏時間:3月第2日曜日〜11月第1日曜日
冬時間:11月第1日曜日〜3月第2日曜日

この夏時間と冬時間では市場がオープンする時間とクローズする時間が異なる。

東京市場
夏時間:午前9時〜午後17時
冬時間:午前9時〜午後17時

欧州市場
夏時間:午後16時〜午前24時
冬時間:午後17時〜午前25時

ニューヨーク市場
夏時間:午後22時30分〜午前6時
冬時間:午後23時30分〜午前7時

また市場の開閉時間が異なることでトレードのタイミングを失ったり、夏時間と冬時間の転換期は相場が乱れやすくなったりするので注意が必要。

FXでトレードをしていると急に勝てなくなることがあると思います。そういう時はこの夏時間と冬時間の転換期だったりすることもあるので、頭の片隅にこの情報を置いておくと良いかと思います!

他にもFXについての情報記事を書いていますので是非興味のある方はご覧ください。

ではまた!

未分類
大学生がFXで10万円を100万円に変えるブログ
タイトルとURLをコピーしました