FX用語のロングとショートとは?

こんにちは!大学生FXトレーダーの学です。

今回はFX用語の1つ「ロング」と「ショート」について解説します。

初心者の方はまだ知らないFX用語も多いのではないでしょうか。
ポジションを持つ=トレードをする、ロスカット=損切りなどはなんとなくニュアンスで理解できると思います。

しかし「ロング=長い? 」「ショート=短い?」とこの2つはニュアンスだけでは何を表すのか分かりませんよね。笑

この記事ではロングとショートの意味をご紹介していますので是非最後までご覧ください!

ロングとショートとは?

FXトレードでのロングとは「長い」を意味しません。

「ロングトレード」=買いトレード
「ロングで入る」=買い注文をする
「ロングポジションを持つ」=買いのトレードをする

このようにFX用語での「ロング」は「買い」を意味します!!

ではショートとはどういう意味を持つのでしょうか。

ショート=短い!ではないのはお分かりですよね。笑

FXでのショートとは逆に「売り」を意味します。

「ショートポジション」=売りのトレード
「ショート決済」=売りの決済

このように使ったりします。

買い=ロング
売り=ショート

と覚えましょう!簡単ですよね!

通貨ペアのロングとショート

FX用語のロングとショートの意味については理解していただけたと思います。

では通貨ペアによってのロングとショートの意味についてもご説明します。

意味は同じなのでサラッとお読みください。

FXトレードをしているとよく「ドル円のロング/ショート」という言葉を見ることがあるかもしれません。

「ドル円のロング」という意味を説明すると「ドルを買って円を売る」ということになり、「ドル高」を表します。

逆に「ドル円のショート」という意味は「ドルを売って円を買う」という意味になり、「円高」を表します。

他通貨ペアの場合…

ユーロ/ドルのショート=ユーロ売り/ドル買い=ドル高

ポンド/ドルのショート=ポンド売り/ドル買い=ドル高

ユーロ/円のロング=ユーロ買い/円売り=ユーロ高

ポンド/円のロング=ポンド買い/円売り=ポンド高

ロングの場合、先に来る通貨が買い!
ショートの場合、先に来る通貨が売り!

と覚えると簡単です。

まとめ

FX用語のロングとショートは「買い」と「売り」を表す!

ロングポジション=買いポジション
ショートポジション=売りポジション

また、これらは通貨ペアのトレードをする際にも使われる。

ドル円のロングはドル買い円売り

ドル円のショートはドル売り円買い

ドル円、ユーロドルのようにロングの場合は先に来る通貨が買いで、ショートの場合は先に来る通貨が売りと覚えると簡単。

ロングとショートは今後FXトレードをしていくと頻繁に目にするワードなので、理解してもらえてたら嬉しいです!

他にも私のFXトレード日記なども書いていますので、興味のある方は是非ご覧ください!

ではまた!

記事
大学生がFXで10万円を100万円に変えるブログ
タイトルとURLをコピーしました